讃岐うどんの豆知識

暑い夏も過ぎ、だんだんと秋めいた今日この頃。木の葉も紅く染まっていき、美しい季節がやってきます。うどん県にも実は美しい季節を楽しめる紅葉スポットがたくさんあるんですよ〜。

美しい季節を楽しんだ後は、美味しい讃岐うどんをいかがですか?

 

【うどん県おすすめの紅葉スポット】

 〃林公園(見頃:11月中旬〜12月初旬)

国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さを持つ、栗林公園。

広大な敷地を散策しながら、春・夏・秋・冬、四季折々の景色を楽しむことができます。

紅葉の時期には夜のライトアップで、一段と美しい紅葉を堪能。

公園内の茶室では抹茶を味わうこともでき、紅葉狩りの合間に一休みもできますよ。

 

金刀比羅宮(見頃:11月中旬〜下旬)

「こんぴらさん」として親しまれ、長い石段が有名。参道の両脇にはお土産屋さんやうどん店が並び、紅葉を楽しみながら散策でき見どころ満載スポットです。

奥社まで1368段もありますが、大門までの365段は時代劇に登場しそうな趣のある駕籠で上り下りもできます。

 

小豆島・寒霞渓(見頃:11月上旬〜下旬)

1300万年前の火山活動で誕生し、200万年の歳月が創り出した日本三大渓谷美のひとつとされている小豆島の寒霞渓。ロープウェイから深い渓谷を彩る迫力の紅葉が楽しめます。

片道1時間ほどかけて歩く登山道があり自生した植物を楽しむこともできます。

寒霞渓の山頂には香川県のオリジナルブランド、オリーブ牛を使ったコロッケバーガーもあり、お腹も大満足です!

 

 

【たも屋では秋フェアを開催!ボリューム満点の秋鮭フライが登場!】

 紅葉巡りを楽しんだ後は、美味しい讃岐うどんを食べてお腹も満たしませんか?

香川県にはたくさんのうどん屋さんがありますので、お近くのお店に立ち寄るのも良いですよね。

 

おすすめスポットの栗林公園にお越しの際は、ぜひたも屋にお立ちよりください!


 

 

 

♪たも屋店舗情報♪

 

 

たも屋では10月から期間限定の秋フェアを開催

 

 

 

去年大人気だった秋鮭フライが今年も登場。脂ののった秋鮭はボリュームも満点です。

 

そのまま食べても良し、カレーうどんに乗せてガッツリいただくもよし。

 

 

お好きなように食べてくださいね〜♪

 

たも屋ではお土産うどんも扱っております。

どんな商品があるか知りたい方はこちらまで♪

たも屋のお土産

 

 

2015.09.29 | 【店舗】

秋と言えば、何を思い浮かべますか?スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋・・・。

夏バテ気味の方も、店頭に並ぶ様々な旬の食材を見るとうれしくなるのでは?

たも屋でも旬に合わせた食材を使った商品を、お客さまにご提供させていただいています。

讃岐うどんに合う旬のトッピングを食べて、お腹も心も満たして下さいね。

 

 

 

 

 

 

【秋から冬が旬の野菜って何?】

暑い夏が終わり、段々と過ごしやすくなってきた頃、店頭には様々な食材が並びます。

特に野菜や果物のコーナーには瑞々しい新鮮な食材がたくさん。

そこで、ご家庭によく登場する代表的な食材を紹介させていただきます。

 

 

★さつまいも★

さつまいもは甘いので太ると思われがちですが、カロリーはそれほど高くありません。

栄養が豊富で、腹もちも良いのでダイエットに向いています。

 

『栄養』

ビタミンCが豊富で、一本(約200g)のさつまいもで1日の必要量を摂取できます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、メラニン色素の沈着を抑制します。

さつまいもを切った時に出る白い乳液はヤラピンという成分で、便通をよくし大腸がんの防止にも。カリウムも豊富で体内の塩分バランスを調整して高血圧に効果があります。

 

『選び方』

よく太っていて重みがあり、ツヤの良い物。ひげ根が少なくデコボコの少ない物を選びましょう。

 

『保存方法』

寒さに弱いので、冷蔵庫で保存はできません。新聞紙などに包んで常温保存すてください。

 

 

★れんこん★

シャキシャキとした食感が楽しいれんこん。茹でても焼いても炒めても使える万能野菜です。

普段から積極的に摂りたい野菜です。

 

『栄養』

ビタミンCが豊富でコラーゲンの生成を促し、がん予防にも効果があります。

れんこんを切った時に糸を引きますが、これはムチンという成分で、滋養強壮の効果があります。

食物繊維も豊富で、血圧を正常に保ち便通を良くし有害物質を排出する効果があります。

タンニンも豊富で貧血や胃潰瘍、十二指腸潰瘍にも有効。

 

『選び方』

鮮やかな卵色で節と節の間が長く、太くて真っ直ぐなものを選ぶと良い。

切っているものは肉厚で穴が小さく、内側が白い物を選ぶと良い。

 

『保存方法』

一本まるごとのものは新聞紙に包んでポリ袋にいれ冷蔵庫で保存してください。

切ったものはラップで包んで空気に触れないようにして冷蔵庫で保存してください。

 

 

★ナス(秋ナス)★

炒めても、煮ても、焼いても美味しいナスは体の熱を下げるインド原産で、高温多湿を好む代表的な夏野菜。ですが、昼夜の温度差が大きくなる夏の終わりごろから実が締まって凝縮し、更に美味しくなると言われています。

 

『栄養』

ナスの95%が水分で主成分は糖質。夏野菜の全般に体を冷やす作用がありますが、特にナスの効果は強く暑気あたりしそうな時や体のほてりが強い時に食べると効果的です。

 

ナスの皮の紫色はナスニンという色素ですが、ポリフェノールも多く含まれており抗ガン作用や老化防止効果もあります。スポンジ状の果肉は油との相性がよく、揚げものにすると植物油に含まれるリノール酸やビタミンEの摂取に役立ちます。

 

『選び方』

濃い紫色で光沢があり、ひびや傷が少ない物。へたが瑞々しくトゲがチクチク固いものを選びましょう。皮が茶色い物は鮮度が落ちているのでやめましょう。

 

『保存方法』

水分が蒸発しやすいので、一個ずつラップし冷蔵庫で保管してください。

ただし冷やしすぎても味が落ちるので、出来るだけ早めに食べましょう。

 

 

【讃岐うどんに合うおすすめの食べ方】

旬の時期に旬の食材を食べるのが一番美味しいですよね。しかも栄養がたくさんで身体にもよく、お値段も手ごろと良いことづくしです。

 

讃岐うどん店では必ず天ぷらやコロッケなどの揚げものがあり、うどんに乗せてダシに浸して食べたり、そのまま食べたりする方がほとんどです。

 

せっかくなら、今が食べごろのトッピングを選んで美味しくいただきましょう!

 

 

 

★ほくほく甘い”さつまいも天”★

 

 


★シャキシャキ食感の”れんこんフライ”★

 

 


★超特大!ボリューム満点”ナスの天ぷら”★

 

 

たも屋では、旬の食材を使ったフェアも随時開催しております。

期間限定商品もありますので、是非お店にお越し下さい。

 

たも屋の店舗情報はこちら≫

2015.09.10

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ