讃岐うどんの豆知識

鍋の美味しい季節がやってきましたね!

冬の定番料理と言ったら、やっぱりお鍋ですよね。

最近は色々な味が手軽に楽しめるようになりましたが、お店で売られている市販の鍋の素って少し高くないですか?

そこで、自宅で手軽に使えるだしを紹介したいと思います。

 

【オリジナル鍋を作りませんか?】

市販の鍋の素って便利ですよね〜。最近では定番のストレートタイプの他に、濃縮タイプ、キューブタイプなど様々な形態が増え、色々な味が楽しめるようになりました。

 

簡単に作れる市販の鍋の素も良いけど、毎回買うのは結構な出費になりませんか?

美味しくて簡単に手作りできると良いですよね。

 

美味しい鍋のスープを作るには、だしをきちんと取ることが大事です。

ベースのだしが美味しいと、その後にどんな味付けをしても美味しいですよ。

 

 

でも、だしを取るのって面倒だな〜と思っている方いませんか?

ご心配なく!たも屋では今、数量限定で「たも屋専用のだしパック」を販売しております。

 

 

このだしパックが厳選した2種類の削り節をブレンドし、独自の製法で作りあげただしパックです。ティーパック方式なので、そのままお湯に入れて煮だすだけで簡単に風味豊かなだしが出来上がります。100gのパックなので、必要な時に必要なだけ簡単にだしを取ることができます。1袋で最大10Lのだしが取れますよ。

 

だしが取れるとあとは簡単!お好きな調味料でお好きな味のスープが出来上がります。

 

■寄せ鍋

・だし・しょうゆ・みりん・酒

■もつ鍋■

・だし・味噌・しょうゆ・にんにく・すりごま・鷹の爪

■塩ちゃんこ■

・だし・鶏ガラスープの素・しょうゆ・酒

■キムチ鍋■

・だし・中華スープの素・しょうゆ・酒・オイスターソース・白菜キムチ

 

しっかりとだしが効いているので、薄味でも充分に美味しくいただけ、塩分が気になる方にもおすすめです。また、ご家庭にある調味料でオリジナルスープは作れるので、安上がりですよ。

 

【こんな料理にも使えます】

このだしパックは鍋だけでなく、麺類、お吸い物、お味噌汁、煮物のベースなど様々な料理にお使いいただけます。1袋(100g)で最大10Lのだしが作れるので、たくさん作ってストックしておくと、忙しい時にも便利ですよ。

 

 

それも面倒だという方は、ティーパックから中身の削り節を取り出して、直接沸騰したお湯に入れてだしを取ることもできます!お味噌汁の具として食べていただけるので、手軽なうえに美味しくて言うことなしです!

 

 

【お鍋の締めは讃岐うどんで】

お鍋のもう1つの楽しみは、最後に食べる締めですよね。

ご飯を入れて雑炊にしたり、中華麺を入れてラーメンにしたり。

 

たも屋のお勧めはやはりうどんです♪

お鍋には冷凍うどんが簡単で美味しいですよ。

たも屋の冷凍うどんは小麦粉100%、でんぷん不使用で本場の味が堪能出来ます!

 

 

たも屋の冷凍うどんはこちら>>

 

 

残ったスープを十分に沸騰させてから入れて下さい。

約2分ほどで美味しい讃岐うどんが出来上がります。

(※スープが少ない場合は、別の鍋で茹でてから入れて下さい。きちんと茹でられない場合がございます。)

 

美味しい鍋で身体を温めて、寒い冬を乗り切って下さいね!

 

たも屋のお店はこちら>>

2015.11.26 | 調味料

クリスマスに欠かせないチキンの用意は皆さんどうされてますか?

ご家庭で手作りしている人、購入されている人、色々いると思います。

香川ではクリスマスチキンにかわり、クリスマス骨付鳥が人気なのはご存じですか?

全国的に知られるようになってきた骨付鳥は実は、香川県丸亀市が発祥なのです!

うどんだけじゃない、香川の絶品グルメ骨付鳥について詳しくご紹介させていただきます。

 

【骨付鳥って??】

骨付鳥は、鶏の骨付きもも肉を焼いたご当地グルメで、香川県丸亀市が発祥とされています。

では、どうやってできたのでしょうか?

それは、丸亀市にある一鶴の創業者がハリウッド映画に出てきたローストチキンをヒントに考案したのが始まりです。

 

戦後、西洋文化が急激に入り込んできた時代に、一鶴の創業者は運命的なシーンを目にしました。

大きく骨付きのままフライドチキンにかぶりつく女性。

その豪快さは驚きであり、また豊かさの象徴のように感じられました。

「あんな贅沢な食べ物をお店で出したい!」

その熱い想いから骨付鳥は誕生し、1953年から売り出されました。

 

【骨付鳥ってどんな食べ物なの?】

骨付鳥は、鶏の骨付きもも肉をニンニクの効いたスパイスで味付けし、オーブン釜などでじっくりと丁寧に焼き上げます。そのため、身はジューシーなまま、表面や皮はパリパリと芳ばしく焼けます。

種類は親どり、若どり(別名:ひなどり)の2種類あります。

 

『おや』

厳選した成熟鶏を使用しており、しっかりとりた歯ごたえが特徴で、味わい深く噛み応えがあります。

鶏肉本来の風味が噛めば噛むほど味わえ、クセになる逸品です。

とても身が締まっているので、食べやすいように切り込みが入っています。

また、注文するとカットもしてくれますよ。

 

 

『ひな』

ふっくらと柔らかく食べやすいのが特徴です。

身はジューシーで、表面や皮はパリパリ。

子供から大人までとても食べやすいお肉です。

 

 

骨付鳥は出来立てアツアツを豪快にかぶりつきましょう!

さらに、お皿についている肉汁にキャベツをつけてください。おにぎりもおすすめです。

 

 

コラーゲンたっぷり、旨みたっぷりで大満足です。

 

【香川のご当地グルメ、骨付鳥が東京有楽町で味わえます】

骨付鳥について説明させていただきましたが、すごく食べたくなりませんでしたか?

香川ではたくさんの骨付鳥の専門店があり、いつでも食べることができますが、県外の方はなかなか香川まで来られないという方も多いですよね。

お店によってはお取り寄せも可能ですが、できればすぐに食べたいですよね?

そんな方に朗報です!

 

東京有楽町で、本場讃岐の骨付鳥が味わえます>>

 

たも屋有楽町店は、お昼は本場讃岐うどん、夜は本場讃岐骨付鳥のお店として営業しております。

 

 

 

 

 

お昼は骨付鳥の販売はしていませんが、夜は骨付鳥以外に讃岐おでんや讃岐の一品などいただけます。もちろん讃岐うどんもありますよ。

 

骨付鳥で一杯、締めに讃岐うどんで・・・。

香川のご当地グルメを堪能してください!

 

 

 

★毎日お得な、たも屋東京有楽町店はこちら★

2015.11.19 | 【骨付き鳥】

皆さん、風邪は引いていませんか?

冬の寒い時期になるといつも、風邪を引いてしまう人も多いのではないでしょうか?

風邪は日々の食生活や工夫で予防することが可能ですので、紹介させていただきます。

 

【風邪の予防には”栄養”と”休養”】

風邪を引きやすい人と、めったに引かない人がいますが、皆さんはどちらですか?

この差は体質もあると思いますが、毎日の食事や暮らし方など生活環境が影響していることも多いです。

少し気を付けるだけで予防もできると思いますよ。

 

風邪を寄せ付けないポイントは”栄養”と休養”の2つです。

”栄養”は良質のたんぱく質をとって、バランスの良い食事を心がけ体力をつけることです。

鼻や喉の粘膜を強くするには、ビタミンAを多く摂りましょう。

また、ストレスを溜めすぎると体力も低下し、風邪を引きやすくなります。

ストレスに対抗する力を高めるには、ビタミンCを摂るといいですね。

 

ビタミンAを多く含む食品・・・レバー、うなぎ、卵黄、ほうれん草などの緑黄色野菜

ビタミンCを多く含む食品・・・みかん、キウイ、ブロッコリー、ほうれん草

 

休養”は、過労や睡眠不足を避け、体力を温存することです。

体力が落ちていると、風邪のウイルスが入り込みやすくなり風邪の症状が出やすくなります。

ついつい仕事や家事で忙しくなると、体を休ませることを怠りがちですが、実は一番気を付けて休養を取ってほしいです。「いつもと違うな?」と感じたら、出来るだけ早く休み、睡眠をたくさんとるように心がけましょう。

 

【もし、風邪を引いてしまったら・・・】

〔詰をしないで”休養”を取りましょう。

「熱がないから大丈夫」「鼻水だけだから・・・」「マスクをしているから・・・」と言って、人がたくさんいる場所行くなんて、もってのほか!

どうしても休めない仕事がある以外は、できるだけ体を休めて早く寝て睡眠を十分にとりましょう。

 

⊆湘戮鮠紊欧董鼻や喉を潤しましょう。

寒くなると暖房の効いた温かい部屋にいることが多くなり、乾燥しがちで湿度も低くなっています。湿度が低いと粘膜も渇き、痰や鼻水などの分泌物が粘っこくなり出にくくなります。

加湿器を付けたり、洗濯物を干したりして適度な湿度(60%〜70%)に保つようにしましょう。

風邪などのウイルスは乾燥に弱いので、湿度を適度に保つと感染力も弱まりますよ。

 

Gが出てしまったら・・・

 大きな血管が通っているところ、首の付け根、脇の下、足の付け根などを冷やすと良いでしょう。おでこを冷やす方が多いですが、実は熱を下げる効果は期待できません。

ここを冷やすと気持ちが良い場合は、冷たいタオルや冷却ジェルシートを張るのは良いかもしれませんね。

 

す△痛い場合は・・・

うがいは埃や細菌を洗い流し、乾燥した喉を潤すという効果がありますが、やりすぎには注意しましょう。やりすぎると喉を保護している粘膜や唾液まで流してしまう可能性もあります。

1日5,6回が目安です。

 

身近な食べ物で手軽に予防・養生を】

冬になると、お店でよく見かけるようになる「みかん」。

このみかんは、ビタミンCが多く含まれているので、ストレスを緩和してくれたり、新陳代謝を促進し疲労回復に繋がります。

1日1〜2個食べると良いですよ。お手軽な値段ですので、続けやすいですよね。

 

また、しょうがは身体を温めてくれます。お料理や生姜湯、生姜紅茶などにして身体の内から温めて風邪を予防するのもいいですね。

 

しっぽくうどんにしょうがを入れるのもおすすめ!

 

 

具だくさんのしっぽくうどんは、讃岐うどんの冬の定番メニュー。

 

根菜類、野菜、お肉など色々な種類が入っており、栄養もバッチリです!

 

 

たも屋では期間・数量限定で、しっぽくうどんの販売をしております!

 

たも屋店舗情報はこちら♪≫

 

冬の人気メニューなので、一度食べてみてください!

 

美味しいうどんで寒い冬を乗り切り、風邪を吹き飛ばしましょう〜!!

 

2015.11.09 | 【店舗】

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ