讃岐うどんの豆知識

東京有楽町にある本場讃岐うどんの店「たも屋」はご存知ですか?

 

本場香川で地元の方に愛され、行列ができるお店で、香川県内に3店舗の直営店があります。

有楽町店が、香川県外にある唯一の直営店で、昼はセルフうどん店、夜は骨付鳥が味わえる居酒屋風となっています。

 

【お昼は完全セルフの讃岐うどん店】

 

 

 

たも屋有楽町店は、お昼はセルフの讃岐うどん店です。

好きなうどんを注文し、好きなように天ぷらやフライ、ご飯ものを選びます。

また無料薬味が充実しているので、お客様のお好きなようにアレンジして楽しめます。

 

 

 

しかも!お得なサービスもありますよ。

 

 

yuraku01.jpg

 

 

【夜は讃岐名物、骨付鳥が楽しめる居酒屋です】


讃岐の名産「骨付鳥」を知っていますか?

 

 

鶏の骨付きもも肉をニンニクの効いたスパイスで味付けし、じっくりと丁寧に焼き上げています。そのため、身はジューシーなままで表面や皮はパリパリと芳ばしく絶品です!

 

その絶品骨付鳥が東京でも味わえます。

 

また、その他、香川自慢の逸品も多数ご用意しております。

 

夜の部もお得なサービスがありますよ〜!

 

 

 

 

様々な逸品をご用意していますので、会社帰りに・・・友達とワイワイ・・・ご家族で・・・

色々な方に楽しんでいただけると思います♪

 

詳しいメニューはこちらから>>

 

 

昼も夜も楽しめる「本場讃岐うどん・骨付鳥 たも屋」、是非お越しください!

 

 

★讃岐うどん、おすすめの食べ方はこちら★

 

2016.12.21 | 東京有楽町店

ついつい飲み干してしまうほど美味しい、讃岐うどんのかけだし。

透き通るだしは、決して薄味ではなく、しっかりとだしが効いておりコシのある麺と合うように、計算されて作られているのを知っていますか?

 

 

そのかけだしを美味しく頂くための注意点をお教えしますね。

 

【麺を温める時に注意しましょう】

温かいうどんを食べたいときに麺を温めますよね?

セルフ店では必ず、麺を温めるコーナーがあります。

 

 

 

でぽに麺を入れて、お湯で温めます。

その後、湯切りをするのですが、ここで注意があります。

皆さん、でぽをチャッチャとふっていませんか?

これ、ついついやってしまうのですが、実はNGなんです。

チャッチャと動かしても、実は麺が動くだけできちんとお湯が切れていないんですよ。

自然とお湯が切れるまで、動かさずに待つのが正解なんです。

 

行列ができると焦って、ついついチャッチャとしてしまいますが、5秒から10秒程度の時間ですので、美味しいかけだしを味わうために、ジ〜っと待ってくださいね。

 

【薬味の入れすぎには注意です】

讃岐うどん店には、無料の薬味を置いているお店が多くあります。

たも屋もネギやわかめ、天かすや大根おろしなど多数の無料薬味をご用意しております。

お客様に好きなようにアレンジして、楽しんで食べて頂けるように。

 

 

 

 

基本、自由にトッピングしていただいてよいのですが、ここでも注意が必要です。

ついつい無料ということで、ネギをうどんがかくれるくらい大量にのせている方もおりますが、入れすぎは、かけだしの味を変えてしまう原因となります。

 

せっかくの美味しいかけだしが変わってしまっては、悲しくありませんか?

 

美味しく食べるには、ほどほどの量で薬味をトッピングすることがおススメです♪

 

 

 

寒くなると、温かいうどんが食べたくなりますね!

お近くにたも屋がある方は、是非店舗にお越しください!

揚げたてモチモチの麺が食べられますよ〜。


たも屋の店舗はこちら>>

 

お近くにない方は、たも屋のお土産うどんがおススメです。

生うどんは、店舗に近い味を再現しておりますので、ご自宅で本場の味が楽しめますよ。

 

 

2016.12.12 | 【店舗】

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ