讃岐うどんの豆知識

日本ではお世話になっている相手への感謝の気持ちを込めて、贈り物をする習慣があります。

それは皆さんご存知のお中元とお歳暮です。

 

毎年当たり前のように贈られていますが、由来やマナーをちゃんと知っていますか?

ひょっとしたら、意外に間違っているかもしれません。知っておいて損はない、日本の伝統行事であるお中元とお歳暮についてご紹介させていただきます。

 

 

【お中元、お歳暮を贈るようになったのはどうして?】

 

お中元の由来は中国にあります。中国には道教の行事として1年の中で3つあります。

上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)といい、それらを3元として祖先の霊を供養する風習があるそうです。

このうちの真ん中、中元が日本のお中元の由来で中国仏教ではこの日に祖先の霊を供養する会が行われ、中元と一体化した形で残っています。中元のもとは旧暦の7月15日、新暦で8月上旬から9月上旬でしたが、日本ではほとんどの地域で7月15日、8月15日が定着しお中元はこの日までに贈ればよいとされました。

 

これに対しお歳暮は年の暮れ、年末のことを歳暮と呼び、毎年その時期になると、一年お世話になった方々へ感謝の気持ちを込めて贈り物を持参してまわるという風習が生まれ、それが定着したようです。また江戸時代には、商いをするうえでの基本となっていた「掛け売り」というスタイルは盆と暮れに半年分の請求を行い、まとめて支払ってもらう習慣がありました。この支払いを行う際に日頃のお礼と「また来年もお願いします」という挨拶をこめ、贈り物を持参することが広まったようです。

 

 

【お中元、お歳暮の贈る時期に遅れてしまった場合は】

 

 贈る時期のほとんどは上で述べた通りですが、地域によって多少の差はあります。

受け取る人の地域はいつ頃なのか、確認すると良いかもしれません。

 

一般的には、お中元は7月初めから15日頃までですが、関西地区では8月初めから15日ぐらいまでに贈る習慣もあるそうです。お歳暮は12月20日頃までとされています。

 

もし過ぎてしまった場合は、のしの表書きを変更しましょう。

お中元は、立秋(8月7日頃)までなら「暑中見舞」、立秋を過ぎたら「残暑見舞」として贈ります。

 

お歳暮は、年内に届けられないなら「御年賀」、松の内(1月7日)を過ぎると「寒中見舞」として贈りましょう。

 

 

【知っておきたいマナー】

Q:お中元、お歳暮の両方を贈ったほうが良いですか?

 

A:両方贈る必要はありませんが、どちらかだけを贈るならお歳暮が良いでしょう。

お中元とお歳暮では、お歳暮の方が重要な意味があるとされています。

 

Q:一度贈ったら、贈り続ける必要がありますか?

 

A:基本的にはお世話になった方へは毎年贈るのが普通です。ただし、お付き合いが疎遠になっている場合は、贈られる方も申し訳ない気持ちにもなりますので、3年、7年など区切りの良い時期にやめても問題ないと思います。ただし、一度だけ贈るのは失礼にあたるのでやめましょう。

 

Q:お返しは必要ですか?

 

A:いただいたらお返しは不要です。ただし、お礼の気持ちと無事に品物が届いたことを伝えるためにお礼状はだしましょう。最低でも電話でお礼は伝えましょうね。

また、贈る側は本来、手渡しするのが正式です。現在では購入先から郵送することがほとんどですが、その場合は品物が届く前に挨拶状を送ることが良いでしょう。

贈る側も贈られる側も、連絡をするのがベストです。

 

Q:どんなものを贈るのがよいですか?

 

A:特に決まりはありませんが、贈る品物は食料品が多いようです。食料品は趣味嗜好が少なく、無難で無駄になりにくいからでしょうか。

特にお歳暮は、年末年始にご家族で食べられるものが人気です。

 

 

香川では、お歳暮に讃岐うどんをお贈りすることが多いです。

うどんは太くて長いことから、昔から長寿を祈る縁起物として食べられてきました。

 

 

 

また、元旦から1月15日までに食べられるうどんを「年越しうどん」と呼んでいます。

「年越しうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

ですので、讃岐うどんはお歳暮としてお世話になった大事な方々へ贈るものにピッタリ!

 

 

たも屋では様々なお土産うどんの商品をご用意しております。

 

 

たも屋の店舗情報

 

毎年11月1日からお歳暮限定商品を販売!この時期限定の商品で、送料無料です。

 

 

たも屋冬ギフト特集

※2016年1月15日までの期間限定です。


大切な方への贈り物に、お世話になったあの方に、たも屋の讃岐うどんはいかがでしょうか?

 

 

 

2015.10.06 | 【通販】

讃岐からのお歳暮と言えばやっぱりうどん。

 

お世話になったあの人に。高松を離れた人に。

こんな方には美味しい讃岐うどんを食べてもらいたい。

と思い、うどんを贈る事ってありますよね?

 

うどんを知り尽くした讃岐人はうどんを茹でるのもお手の物。

美味しいものを美味しく食べれますよね。

 

大きな鍋のある家庭、うどんを茹でた事のある人、どちらも

減ってきているようです。

 

弊社の従業員の家庭にも大きな鍋は少なく、コンロもIHの

小さいタイプが増えています。

 

少人数、小さな鍋でも作ることができるのが、冷凍うどん。

 

簡単ですが本格的。これがたも屋の冷凍うどん

IMG_3178[1].JPG簡単、便利、美味しい冷凍うどんはこちらから→たも屋の冷凍うどん


たも屋の冷凍うどん

 

 

 

 

2012.12.01 | 【通販】

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ