たも屋

こだわりの讃岐うどん

たも屋の讃岐うどんができるまで

  • 毎朝その日の気温、湿度を調べ塩の量を決め塩水をつくる。
  • ミキサーに粉、塩水を入れ練る。練りが終わったら1時間以上寝かせ、生地を足踏みする。
  • 足踏みをすることで生地内にグルテンが形成され、これがコシとなる。
  • 菊もみでダンゴ状態にする。ここから熟成させる。
  • そして麺打ちできる状態まで踏み、麺を打ち、生地を伸ばす。
  • 伸ばした生地を切り、茹で、水洗いする。茹でた麺を冷水でひきしめる。

店内では麺を打つ所、茹がく所、天ぷらを揚げる所全てがオープンで、お客様からも見えるようになっています。
主人をはじめ従業員一同が常にお客様を感じ、緊張感をもって仕事をしています。

まずは練りの作業です。
"鍛え"と言い、足で踏むことにより独特のコシをだします。
"菊もみ"という作業です。そして、熟成させます。
熟成された生地は次に麺棒でのばしやすいようにまた踏みます。
麺棒でのばします。
最後に麺を茹で、冷水でひきしめます。
店内では、実際に麺を打つ所がご覧になれます。

クレハスライヴ株式会社 ( Crehas-Thrive Co.,LTD. )
〒761-0301 香川県高松市林町6-38

Copyright(C) TAMOYA All Rights Riserved.